無趣味なおじさんが車・バイクやツーリングなどの他、キャンプなどの新たな趣味にチャレンジ! やった事のないあれこれをやってみます! サブタイトルは「Middle Aged Holidays」

おじさんの休日日記

おじさんが様々な趣味にチャレンジします!

榛名富士登山で登山靴の試し履き!コロンビアの「カラサワ ミスト オムニテック」!

おじQです!

梅雨も明けやらぬ関東全域。

そんな中、夫婦でちょこっと登山!

な休日を過ごして参りました!

二人とも初心者なので、選んだ山は群馬県榛名山にある榛名富士。

標高1391mで中腹あたりの榛名湖から小一時間登るルートです。

何故突然登山なのか?

それは新しくコロンビアの「カラサワ ミスト オムニテック」という登山靴(トレッキングシューズ?)を購入したからです!

試し履きも兼ねて、ちょこっと登山のスタートです!

f:id:ojiQ:20190721235115j:image

コロンビアのカラサワ ミスト オムニテックとは?

天気はどんより曇り空。

気温は25度くらい。

天気予報も曇り時々雨ではごさいますが、榛名湖のビジターセンター付近に車を止め登山口を目指します。

榛名湖近辺の駐車場内はとても広く、売店なども立ち並んでおりました。

レンタサイクルなどもあるので、サイクリングなんかもいいな〜と思いつつ、登山口を目指します!

登山と言っても小一時間のハイキングの様なものだと、どこかのサイトかブログに書いてありました。

とにかく新調したコロンビアの「カラサワ ミスト オムニテック」を履いて山歩きしたかったのです!

見た目はこんな感じ。

amazonで詳細を見る

 かっちょいい〜!

ソールはイタリアのヴィブラム社による「ヴィブラムソール」というグリップ性の高いものだそうな。

履いた感じのホールド感は抜群です。

そして、オムニテックというコロンビア独自の技術による防水透湿機能で、「濡れない」「ムレない」を実現しているようです。

どんなもんだか、早速行ってみよう!

榛名富士登山スタート!

登山道入口はビジターセンター脇にあります。

f:id:ojiQ:20190722095508j:plain
ここからテクテクと登って行きます。

榛名富士は小学生も林間学校などで登るそうなので、体力のないおじQでも問題無いはずです。

色々なブログなどで見ると山頂までは1時間かからない程度。

みなさん榛名山の中では、榛名富士と最高標高の掃部ケ岳の両方を行くコースや、榛名山6座とかを登るそうです。

しかし、自分は初心者だし特に体力に自信があるわけでも無いので、登頂は榛名富士のみで下山はロープーウエイで!

という、超ゆるゆる登山にしました!

小学生と同じコース!

なのでバックパックには山頂で食べるパンと淹れたてコーヒーを飲むためにミルやパーコレーター、アルコールストーブと燃料の他、カメラや三脚などと、アレもコレも詰め込んだら20kgくらいになってしまいました。

初登山なのにナメてますね…。

榛名富士に登ってみると…

結構険しくないですか?

こんな感じで木の根っこが階段になっているような所が続きます。

f:id:ojiQ:20190722124802j:image

f:id:ojiQ:20190722124921j:image

そして、このくらいの斜度の登山道が続きます。

登り初めて30分くらいは余裕でした。

しかし、暑さと日頃の運動不足のせいか、早くも1度目の休憩。

水分補給して五分くらい休んだら何となくリセットできたので、再スタート!

でも、直ぐに息が上がってしまい、また休憩。

とにかく息切れが激しかったです。

これがあの高山病とやらか。

いや、ただの加齢とタバコによる心肺機能の低下でしょ!

駅の階段登ってもハアハア言ってるのに、こんなとこ20kgの荷物背負って登ったらこうなりますな!

いくらコロンビアの登山靴が高性能でも、そればっかりはカバーしきれません!

要トレーニングです!

そんなこんなで、ちょっと行っては小休止。

f:id:ojiQ:20190722130826j:image

苔のむすまで小休止。

「苔のむすまで」ってどんな意味だろ?

君が代が暫く頭の中を駆け巡るトランス状態の中、頂上というか山の切れ目がなんとなく見え始めました!

が、少し雨が降って参りました…。

森の中では濡れない程度の小雨なのでそのまま頂上を目指します!

そして、初心者のおじQにはきつかったこの登山(みたいなハイキング?)

やっと到着!

f:id:ojiQ:20190722143440j:image

いやー!

きつかった!!

そして汗だくです!

ホントに小学生も登ってるのか?別の山か?

体力は小学生以下かも…。

榛名富士山頂駅!

榛名富士の山頂にはロープウェイの駅があります。

f:id:ojiQ:20190722143749j:image

淹れたてコーヒーを飲むためにパーコレーターセットを持って来てますが、とりあえず駅の自販機でコーラを購入。

山頂はひんやりしているのですが、今は汗だく。

コーラが美味いこと!

ぐびぐびとコーラを流し込みクールダウン。

しかし本当の山頂はまだあります。

ランチタイムはちゃんと山頂まで行ってからにします。

しばしの休憩を取り、榛名富士山頂駅を探索。

f:id:ojiQ:20190722144717j:image

f:id:ojiQ:20190722144458j:image

この祠?の脇に階段があります。

と言っても駅のホームの階段程度。

頑張って登ります。

この階段を登っていくと榛名富士神社。

f:id:ojiQ:20190722144041j:image

下からナメるように撮ったので下りのように見えますが、上りです。

登りきった所の鳥居を過ぎてちょっと横道にはいると

f:id:ojiQ:20190722144154j:image

榛名山 周辺の神社の碑があります。

山頂には小さな神社があり、その目の前には展望台がありました。

厚い雲に覆われて、あまり見えませんでした…。

神社でお参りし、山頂駅付近へ戻ります。

山頂駅付近でランチタイム

再び駅のホーム程度の階段を降り、山頂駅付近まで。

榛名湖に来る途中で、近くのベーカリーを探してパンを買ってきました。

そして、パーコレーターで淹れる淹れたてコーヒー!

と思っていたのですが、雨が本降りになってしまいました。

展望台付近の屋根付きベンチはにはロープウェイを待つ人達がまあまあいるので、なんとなくコーヒー淹れる雰囲気ではないです。

仕方なく別のベンチで雨宿り。

ただ、屋根のある場所はアルコールストーブでコーヒー淹れる雰囲気ではありません。

仕方なくコーヒーは諦めてランチする事に…。

f:id:ojiQ:20190722165912j:image

本当は山頂のひらけた所で淹れたてコーヒーが飲みたかった…。

重い荷物の中には折りたたみチェアーもありますが、残念ながら使うことは無かったです。

そして欲を言えば写真のベンチのような色の青空の下アウトドアランチがしたかった…。

予定ではこんな感じでアウトドアランチするつもりでしたが。

ojiq.hatenadiary.jp

まぁ、雨が降ってきてしまったのだからしょうがない。

それでも広い外で食べるランチは美味しいです!

山頂で食後のひと時

そして食べ終わると雨も小降りに。

タイミング悪いなー。

でも途切れ途切れの雲なんかも、なかなかいい景色じゃあないか!

f:id:ojiQ:20190722171442j:image

重たい荷物の中には三脚もありましたが、雨が降ったりやんだりなので、面倒くさくて出しませんでした。

結果、苦労して持って来た荷物のほとんどは使用することなく…。

全部雨のせいだ!

でも、こんなどんより曇り空でも山頂からの眺めは何処と無く情緒がありますね!

f:id:ojiQ:20190722171835j:image

写真の真ん中に辺りに見える道は右端辺りが「メロディーライン」かな?

メロディーラインとは路面に刻まれた溝によってタイヤの走行音がメロディーを奏でるというもの。

制限速度で走っていれば、ちゃんとメロディーが奏でられます。

曲は「静かな湖畔」でした!

そして展望台からは榛名湖も見えます!

f:id:ojiQ:20190722171923j:image

ロープウェイのケーブルが少し邪魔ですが榛名湖の麓はこんな感じに見えます!

f:id:ojiQ:20190722172015j:image

ロープウェイは15分おきにやってきます。

下りはロープウェイだと思うと気楽なもんです!

カラサワ ミスト オムニテックは濡れないムレない!

そんなワケでコロンビアの登山靴「カラサワ ミスト オムニテック」の試し履きを兼ねた「榛名富士ちょこっと登山」。

なんて、まるでベテランハイカーのような事を言っておりますが、ズブの素人です!

ただ、ちゃんとした登山靴は足が痛くなったりしないですね。

普段あまり歩かないので、買い物なんかしているとすぐに足が疲れてしまうのですが、今回の疲れは太ももとか、その付け根辺りの疲労感です。

スポーツ的な疲労感です。

あと、サイバトロンのバックパックも、なかなか頑張ってくれました!

重い荷物を背負っての登山でしたが、腰ベルトがしっかり効いていたので、肩が痛いとかはありませんでした!

バックパックについてはこちらの記事で。
ojiq.hatenadiary.jp

 そしてオムニックの効果でか、特に足蒸れも無く、脱いだ時の足の臭いもありませんでした。

ヴィブラムソールも、岩場や悪路をガシガシ行けます!

今後はキャンプの時なども活用できそうだし、お気に入りアイテムの一つとして今後も愛用していきたいと思います!

posted with カエレバ