無趣味なおじさんが車・バイクやツーリングなどの他、キャンプなどの新たな趣味にチャレンジ! やった事のないあれこれをやってみます! サブタイトルは「Middle Aged Holidays」

おじさんの休日日記

おじさんが様々な趣味にチャレンジします!

バイクのホムセン箱積載用台座を塗装!木工塗装の下地処理の重要性について

おじQです!

今回のおじさんの休日はバイクのホムセン箱積載用台座兼テーブルの塗装についてです!

f:id:ojiQ:20190614171554j:plain

今週のおじQはほとんど休日無しで労働しておりましたので、「おじさんの休日」がありませんでした。

しかし以前作成したホムセン箱の台座の塗装くらいはなんとか時間を作ろう!

と思い、仕事の隙間時間で塗装しました。

※ホムセン箱台座作成の記事はこちら

ojiq.hatenadiary.jp

ojiq.hatenadiary.jp

と言ったワケで、塗装も全く拘り無しの隙間時間で仕上げました的なクオリティーですので、乞うご期待!違った意味で!

作業開始!素人マスキングから始めます!

そう。

ど素人が仕事の合間の隙間時間でやっておりますので、マスキングもこのクオリティー

f:id:ojiQ:20190609155350j:image

後は缶スプレーで適当に仕上げます!

塗装はずっとしたかったのですが、なかなか時間がとれず…。

とりあえずは木材の保護が目的となりますので、適当でも塗ってみます。

缶スプレーで一通り塗って見たのですが、やはりブログでお見せする程の物にはならなかっので、途中経過の写真撮ってません!汗

時間も無いので乾くのを待たずに液ダレ覚悟の二度塗り!

角とか、ささくれそうな部分は厚塗りに!

厚塗りしてたら、缶スプレー1本使い切りました。

頑張って貼ったマスキングも、新聞紙貼った部分を持ちながらスプレーしてたら新聞紙が破けました。

なので、塗るつもりも無いところが、少し塗装されてしまったのですが、マスキングした部分はスポンジ製のラバーなので、それ程目立ちませんでした。

f:id:ojiQ:20190614164552j:image

マスキングを剥がし、細部用に買ったペンキで

更に厚塗り!

f:id:ojiQ:20190609163017j:image

出来栄えより保護目的です!

f:id:ojiQ:20190609163032j:plain

ペンキにチェンジして思ったのが、平面だしこのサイズなら最初からペンキで良かったなぁと。

なかなかヒドイ仕上がりとなりました!笑

木工塗装における下地処理の重要性

今回の塗装は、ただの台座なので見た目に拘りはありませんでした。

この様に台座に使う部分ですし。

f:id:ojiQ:20190614181044j:image

人の目に留まるのはテーブルとして利用する時くらいですかね。

ただ、テーブルに使うときもアルミホイルなどをテーブルクロスのように敷いて、食べこぼし対策しますので。(よく食べこぼしをします!)

f:id:ojiQ:20190614181113j:image

なので、下地処理一切無しで塗装しました。

よく、テレビやYouTubeDIYでは、下地処理をしてから塗装してますよね?

素人からすると、下地処理なんかしなくても大丈夫でしょ!とか思いますが、今回その重要性を身をもって感じる事ができました!

こんなにザラザラでボコボコ!

f:id:ojiQ:20190614164617j:image

家具とかだったらこんな雑なの嫌ですよね。

キチンと下地処理してスベスベにしたいです。

最近、DIYにも興味があるので、これを反面教師として今後に活かしたいと思います!

逆に、下地処理無しで塗装すると、こんな風になってしまいますよ!といった画像としては有用性アリ!?

そんなこんなで下地処理が重要な事は学びましたが、やっぱりめんどくさそう。

ヤスリでゴシゴシ擦ってパテなんか盛ってまた擦って…。

そこで、こんなんあれば楽そうですね。

posted with カエレバ

オービルサンダーというもので、部材にあてがうだけで表面を削ってくれるものです。

ヤスリの粗さを選んで仕上げから削りまで対応できるようです。

テレビやYouTubeDIY動画では下地処理の際によく登場してますね。

このメーカーの物は他の名だたるメーカーの物に比べて比較的リーズナブルですね。

 更にはアタッチメントを変えるだけで数種類の道具になるものも!

posted with カエレバ

マルチ具合が素晴らしいですな!

ちなみおじQが持っている電動工具はこの二つのみ。

電動ドリルと何故かジグソー。

f:id:ojiQ:20190614171022j:plain

ジグソーなら真っ直ぐはガイド当てて切ればいいし、曲線なども対応可能なのでマルチに使えるじゃん!

とか思ってジグソーを買ったのですが、やっぱり直線は丸ノコのがキレイに切れますね。

この台座の作成に当たり、部材のカットは全てジグソーでやりましたが、キレイに真っ直ぐ切るのが難しいです。

f:id:ojiQ:20190613144931j:image

とりあえず、丸ノコは欲しいと思っております!

まぁ、もう少し様子を見て、DIY熱に火が付いたら工具も揃えようかと思います!

Aneroドライブレコーダー!買ってみました!

Aneroドライブレコーダーという商品を買ってみました!

購入時は約¥6000程度でしたが、バックカメラも付いて、さらにマイクロSD32Gまで付いていて(SDはキャンペーン中との事ですが)お得でした!

どんなもんかと、半信半疑で購入しましたので、レビューしてみます。

Aneroドライブレコーダーをお取り寄せ!

早速ポチっとしてみました!

パッケージはこんな感じ。

f:id:ojiQ:20190511134613j:image

金額の割にはしっかりとした箱に入っています。

この箱、なんかに使えないかな?と捨てる事が出来ません!

断捨離の出来ないタイプなのです。

が、説明書は間違って捨ててしまいました!汗

でも、大丈夫。

全部日本語表記なので、なんとなく解ります。

こちらはメニュー画面の写真になります。

f:id:ojiQ:20190513165003j:image

因みに説明書も日本語表記でした。

内容物はこんな感じです。

f:id:ojiQ:20190513165044j:image

何故か、吸盤のステーが大小二つあります。

そして、黒い四角形のちっこいやつがリアカメラで両面テープとビスが付属となます。

早速取り付け開始!

それでは早速取り付けてみます。

電源はシガーソケットから取るタイプです。

元々付けてたドライブレコーダーも同じでしたので、電源コードの取り回しは既に完了しております。

因みに電源はシガーから分岐させて増設ソケットで取っております。

ヒューズボックスの予備電源からも考えましたが、ドライブレコーダーはシガーから分岐にしました。

シガーから分岐させたのは、ACC経由にする事によってACCがOFFの時は電源供給しない状態にしたかったからです。

Aneroのドライブレコーダーは内臓電池でACC がOFFの時も、衝撃などを感知して録画してくれます。

こんなに安くても多機能なのです!

と言ったわけで、内臓電池が無くなってからの作動などでのバッテリー上がり防止のために、念のためACC経由にしました。

ヒューズボックス自体ACC経由ですかね?(詳しい方教えて下さい!)

そしてコードはちゃんと内張の中を通しています。

f:id:ojiQ:20190513170127j:image

これでメインカメラは完了です。

メインカメラという単語は

「たかがメインカメラがやられたくらいだ!」

と、言ってしまいたくなるのは私だけでしょうか…。

そしてリアカメラのコードも出来る限り内張の中を通します。

f:id:ojiQ:20190513170215j:image

で、リアカメラはハイマウントストップランプの下に、両面テープで着けました。

f:id:ojiQ:20190513170326j:image

付属のビスでもいいのですが、ストップランプがある部分だし、何となく穴開けたくなかったので。

案の定、2、3日でプラーンとなりました。

付属の両面テープもなかなか頑張ったけど、致し方ない。

貼り付け部分は平面なので、両面テープでも大丈夫でしょう。

という事で、もっと強力な両面テープで止めました。

これでダメならビス打ちます!

Aneroドライブレコーダーの性能

「見せてもらおうじゃないか!そのドライブレコーダーの性能とやらを!」

…。

先程の「メインカメラ」のクダリの続きです…。

さて、取り付け後なのですが、特に問題はありません。

モニター画面はやたらでかいです。

f:id:ojiQ:20190513171121j:image

画像もまあまあです!

動画から切り出してみました。

f:id:ojiQ:20190523224825j:plain

三車線分はナンバーもバッチリです!

公表されているスペックでは

1080PフルHD1800万画素170°広角SONYセンサーレンズ

となっておりますが、いかがでしょうか?

私は数値がよく分からないのですが、まあまあ綺麗だと思います。

メニュー設定で1296Pとあったので、それにしてますが。

何しろ数値の意味合いはあまり理解しておりません!汗

いずれにしても、「何かの時の記録用」としては問題無いです。

また、ブログなどでドライブレビューなどをするのに使っても差し支えないかと。

その他、3つのモードがあり、動画、静止画、モニター再生が可能です。

リアカメラは…

f:id:ojiQ:20190528000818j:plain
まぁ、リアカメラは「オマケ」みたいなものでしょうかね。

無いよりは全然良いといったところです!

信号の色や車種、車の動きなどは問題無く録画出来ているので。

また、リアカメラはバックモニターにもなるようです。

おじQは純正のリアカメラからナビにバックモニターを映し出しているので、今回は着けませんでした。

配線はリアカメラから出ているコードをバックランプのコードと合流させる形で繋げるようです。

デメリットを挙げるとしたら、メニューボタンなどのガタつきでしょうか。

一度設定したらあまり触れる事は無いので、特に気にはなりませんがちょっとガタつきがあります。

恐る恐る買ってみたAneroのドライブレコーダー!その結果は?

カメラ本体はこんな感じ。

f:id:ojiQ:20190513181428j:image

なんかちょっとした一眼レフカメラのような出で立ち!(全然違うけど!)

本体の取り外しも、普通のカメラと同じ作りです。

一応、静止画モードもありますが、外して静止画を撮る事はないでしょう。

そんなこんなで、「こんな安くてまともなモン来るのかな?」と、恐る恐る買ってみましたが、思った以上にまともです!

レビューも高評価が多いし、私はドライブレコーダーはこのくらいで問題無いです!

あったら良いかなと思っていたリアカメラもありますし。

何しろ失敗しても良いと思える金額で、結果的に満足できましたので、非常に良い買い物したと思います。

ちょうど、前のドライブレコーダーは録画できたりできなかったり、日付合わせても毎回2012.1.1になってしまったりなので。(現在2019年5月です!)

ドライブレコーダーは「転ばぬ先の杖」ですから、安いやつでも買い換えようと考えていたところでした。

自分的には金額、性能共に満足の「Aneroドライブレコーダー」はオススメの一品です!

posted with カエレバ

みさきまぐろきっぷで行く!三崎港、城ヶ島の旅

おじQです!

今回のおじさんの休日は「みさきまぐろきっぷ」を使って三崎港や城ヶ島を巡り、最後は横須賀で軍艦などを激写する(最近カメラにも興味を持ち始めました!)といった、日帰りの旅に行って参りました!

f:id:ojiQ:20190527024014j:image

とても天気が良く突き抜けるような青空で、初夏の日帰り小トリップには最高な、とても気持ちのいい一日でした!

f:id:ojiQ:20190527104405j:image

因みに今回の記事の中で掲載しているほとんどの写真は、スマホではなく、ちょっといいカメラ「FUJIFILM X-A2」というミラーレス一眼(奥さん所有)で撮影してます!

「みさきまぐろきっぷ」とは?

みさきまぐろきっぷとは京急が販売するチケットで、京急電鉄やバスはもちろん、提携の飲食店でまぐろをメインにした特別メニューを一食分、更に、お土産やアクティビティなどのチケット一回分が付いてるおトクなチケットです。

電車&バス乗車券(きっぷA)

京浜急行区間の一方向の往復切符です。

途中下車も可能ですが、一方向のみの往復です。

例えば、

横浜駅横須賀中央駅三浦海岸駅三崎口駅

というのはOKですが

横浜駅三浦海岸駅横須賀中央駅と行くと→横浜駅方面のみ

と、いった具合で一方向のみのフリーとります。

バスは指定区域内フリーとなります。

まぐろ満腹券(きっぷB)

提携の飲食店でまぐろをメインにしたメニューが頂けます!

三浦・三崎おもひで券(きっぷC)

お土産やアクティビティの他、レンタサイクルや渡し船など、いずれか一つのチケットになります。

 

※詳細は京急電鉄オフィシャルサイトでご確認下さい!

みさきまぐろきっぷ | おトクなきっぷ | PICK UP 京急 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト

「みさきまぐろきっぷ」で三崎港、城ケ島の旅スタート

みさきまぐろきっぷは京急の駅窓口で購入可能です!

スタート地点で料金は変わりますが、最長になる品川発で¥3500でした。

品川出発は奥さんと緊急ミーティングを行っていたため、10:30頃となってしまいました。

緊急ミーティングの結果、とりあえず城ヶ島でマグロ丼(シラス入り)を食べよう!という事になりました。

品川から一直線に最終の三崎口駅まで行き、そこらかバスで城ヶ島まで行きます。

もちろん、フリーきっぷの範囲内です。

城ヶ島のバス停からすぐ近くに、このような路地が。

f:id:ojiQ:20190527024131j:image

城ヶ島灯台入口商店街です。

どことなく江の島に雰囲気が似ているような感じが。

最初に「まぐろきっぷB」を使いこちらのお店「かねあ」へ

f:id:ojiQ:20190527024219j:image

ちょうどお昼時に間に合いました。

お店の前では看板猫?が「やあー」と言っているような、ただ寝ているような…

f:id:ojiQ:20190527024302j:image

食後にも見てみると、ずっとこのポーズでした。

数ある「まぐろきっぷB」のまぐろメニューから、こちらの「かねあ」というお店を選んだ決め手は、シラスが入っているところです!

f:id:ojiQ:20190527024346j:image

おじQはシラスが好きなのです!(奥さんが合わせてくれました!感謝!)

せっかくなのでサザエも追加しております!

サザエ以外は全てセットです。

どちらも美味しくいただいました!

再びバスで三崎港へ!

まぐろきっぷBを使い、残るはCの「おもひで券」になります。

まぐろきっぷAはバスや電車のフリー切符なので、最終品川駅に帰るまで使います。

「かねあ」でお昼を食べ終えてお店の裏側にある岩場で緊急ミーティング。

f:id:ojiQ:20190527103819j:image

f:id:ojiQ:20190529232049j:image

議題はもっぱら「まぐろきっぷC」について。

この付近で数ある特典の中でも金額的にお得なのは「にじいろおさかな号」という半潜水艇という水中が見える遊覧船。

その他、油壷マリンパークの入場券などもあり、非常に迷います。

おじQはコチラのオープントップバスが乗りたかったです。

オープントップバス | PICK UP 京急 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト

これもきっぷCで利用できます。

が、運行の時間や出発地が限られてしまうので、今回は行きませんでした。

検討結果の末、とりあえず三崎港に戻り特典の一つである「レンタサイクル」にするか「手ぬぐい(お土産的な商品)」もしくは三崎港発の「おさかな号」の三点に絞り、再びバスに乗り三崎港へ戻ります。

f:id:ojiQ:20190527104023j:image

区間フリーのバスなので気兼ねなく戻ります!

バスの本数もそこそこあるようです。

三崎港には「うらり」という海産物などを販売してる道の駅の様な総合施設があります。

そこでレンタサイクルの受付があります。

金額を確認すると3時間800円でしたので、まぐろきっぷは使わずに受付。

まぐろきっぷはもっと金額的にお得なものに使おうと考えましたが、この時すでに14:00頃。

油壷マリンパークや遊覧船などに乗っていると島を満喫する時間が無くなるので、おもひで券はお土産の「手ぬぐい」にすることにしました。(金額はレンタサイクルと対して変わらないくらいでした…)

レンタサイクルも受付し、「うらり」内を見て回ります。

一階は海産物が

f:id:ojiQ:20190527024918j:image

二階は農産物が

f:id:ojiQ:20190527024952j:image

それぞれ販売されていました。

随分でっかいズッキーニだこと!

そんなこんなで三崎港を後にします。

f:id:ojiQ:20190527025157j:image

レンタサイクルで城ケ島を探索!

バスでも行きましたが、再び城ヶ島へ向かいます。

陸路で行くにはこちらの城ヶ島大橋を渡ります。

f:id:ojiQ:20190527025338j:image

橋までは結構な登り坂が有りますが、電動アシスト付きなので大丈夫!

f:id:ojiQ:20190527025122j:image

まるで「ロードバイクでツーリング」みたいに写真を撮ります!

橋の途中からは三崎港が一望できます。

f:id:ojiQ:20190527025624j:image

f:id:ojiQ:20190527025754j:image

橋を渡りきると城ヶ島公園があります。

f:id:ojiQ:20190527025914j:image

海が一望できる芝生の丘。

テント張ってキャンプしたい最高のロケーションですね!

キャンプ場では無いので叶わぬ想いですが…。

他にもハイキングコースや展望台などございます。

f:id:ojiQ:20190527030141j:image

ハイキングコースから灯台の岩場まで行けるようですが、自転車の乗り入れ不可なので、今回は諦めます。

f:id:ojiQ:20190529125529j:image

別の所から岩場まで下りてみると海がキラキラしておりました!

少しお腹が減ってきたので、城ヶ島公園を後にして城ヶ島灯台入口商店街に向かいます。

途中、灯台の形をした建物を発見。

よく見ると交番でした!

f:id:ojiQ:20190527030511j:image

バスに乗っていると気づかないモノも自転車だと新たな発見がありますね!

そんなこんなで再び城ヶ島のまぐろ丼を頂いた灯台入口商店街へ到着。

とにかく暑かったので、ソフトクリームをいただきます。

この辺りは、商店が立ち並び、イカ焼きや焼きとうもろこしの匂いが立ち込めます。

で、結果こうなります。

f:id:ojiQ:20190527030835j:image

そして、匂いに釣られてウロウロと。

f:id:ojiQ:20190527104835j:image

ラムネにビールも冷えております!

f:id:ojiQ:20190527104954j:image

この路地の最終地点にも色々とあるみたいです。

f:id:ojiQ:20190527105207j:image

岩場では海水浴?水遊び?している人も

f:id:ojiQ:20190529125655j:image

今日は30度越えの真夏日なので、羨ましいです!

レンタサイクルの返却最終時間は17:00。

ここでオヤツしていたら16:00を過ぎましたので、そろそろ三崎港に戻ります。

15分くらいで戻れますが、お土産の手ぬぐいなども見に行きたいので、余裕を持って行動します。

城ヶ島大橋を渡り三崎港エリアにある染物屋さんで「まぐろきっぷC」を使います。

大漁!

f:id:ojiQ:20190527184234j:image

の、手ぬぐいです!

大漁旗などを製作している商店で、店内には沢山の大漁旗が。

なんか縁起良さそうだし、カッコイイし、ちょっと欲しくなってしまいましたが、手ぬぐいで我慢します。

これで三崎港エリアでのミッションはコンプリート!

再び三崎口駅までバスに揺られて戻ります。

そして、京急鉄道に乗り東京方面へ向かいます。

最後は横須賀で護衛艦

一方向なら途中下車もOKなので、明るいうちに横須賀で軍艦を見に行きます!

f:id:ojiQ:20190527115725j:image

夕焼けに照らされる護衛艦「かが」!かな?

f:id:ojiQ:20190527024014j:plain

空母化が決まっているそうな。

真正面からは今にも動き出しそうな迫力が!

f:id:ojiQ:20190527120554j:image

ブリッジアップ

f:id:ojiQ:20190527120642j:image

先端のこれはCIWSですかね?

f:id:ojiQ:20190527120751j:image

安物望遠レンズの限界です!

他にもミサイル護衛艦「はたかぜ」?なども停泊しておりました!

f:id:ojiQ:20190527120953j:image

かわぐちかいじ先生のマンガ「ジパング」や「沈黙の艦隊」は全巻持ってますが、知識は全くありません!

今度、マンガ「空母いぶき」が実写版で映画化されるそうな。

楽しみですね!

そして18:30頃になると君が代と共に灯が点灯しました。

f:id:ojiQ:20190527121409j:image

まだ明るいので分かりにくいですね。

そして駅までの帰り道にドブ板通りのハンバーガー屋さんでハンバーガーをいただきます!

f:id:ojiQ:20190527121544j:image

ボリューム満点!

パテもジューシーで美味しく頂きました!

そして横須賀中央駅から品川方面に帰ります。

「みさきまぐろきっぷ」のお得感を検証!

「まぐろきっぷA」では

京急品川から三崎口駅までが¥926

三崎口から城ヶ島までのバスが¥400

*共にグーグル調べ

合計¥1,326×2=¥2,652が往復分の最低運賃。

更に今回は横須賀中央駅で途中下車してますし、バスは3回乗ってるので、交通費だけでも¥3,000近くいってます。

その他、「まぐろきっぷB」のマグロ丼などが¥1,000はするでしょうから、この時点で完全に元は取れてますね!

安く見積もってもこの時点で既に¥3,500超えてると思われます。

更に、「まぐろきっぷC」では、¥1,700の油壺マリンパークなどに使用すれば、あっという間に¥2,000から¥3,000くらいはおトクになるのでは?

ざっくりの計算でも交通費とマグロ丼でペイできます!

という事で、今回は「みさきまぐろきっぷ」でかなりおトクに日帰り小旅行を満喫できました。

三浦半島も対象ですので、みなさんもオリジナルの組み合わせで楽しんでみては如何でしょうか?

プランの組み立てが苦手な人は、取り敢えず三崎港まで行ってみれば元は取れるし何かありますよ!(今回の旅も出発地の品川駅から「その場で決める」スタイルでした!)

所沢航空公園のフリーマーケット!よみうりリサイクルカーニバルに行ってきました!

おじQです!

今回のおじさんの休日は所沢航空公園のフリーマーケットに行って参りました!

主催は読売新聞で「よみうりリサイクルカーニバル」という大規模フリーマーケットです!

所沢航空公園の「よみうりリサイクルカーニバル」では、1000店舗近くの募集があり、様々な店舗が出店しておりました。

変わり種だと、不用品のアルミシールに切り文字してステッカーを作ってくれる店舗などもあり、このブログのサブタイトル「Middle Age Holidays」のステッカーを作って貰うなど、楽しんで参りました!

所沢航空記念公園

所沢航空公園では毎週の様にフリーマーケットが開催されていますが、今回お邪魔したフリーマーケットは「よみうりリサイクルカーニバル」という、読売新聞主催の大規模なフリマです。

因みに航空公園の正式名所は「所沢航空記念公園」で、敷地内にはこんな飛行機も展示されています。

f:id:ojiQ:20190520171356j:image

目の前で見ると迫力がありますね!

奥には有料の博物館もありますが、今回はフリマメインなので、次回に行ってみたいと思います。

また、この日はフリマ以外にも沢山の屋台が出店していて、木陰などでピクニックしてる風景があちらこちらで見られました。

f:id:ojiQ:20190520171457j:image

天気も良く、ピクニック日和です!

f:id:ojiQ:20190520171511j:image

焚火等は禁止の様ですので、デイキャンプなどは厳しそうですが、バーベキュー場は別でありました。

よみうりリサイクルカーニバル

会場はこんな感じで出店していました。

f:id:ojiQ:20190520171530j:image

この様な感じでフリーマーケットの出店エリアが三ヶ所設けられておりました。

様々な出店ブースがあり全部見て回ると結構な時間がかかります。

途中、屋台ブースに行きお昼休憩を取りながら歩きまわっていると、SUZUKI GN125をバックに出店されてるブースが目につきました。

どうやら不用品のアルミテープを切り抜いて、ステッカーを作っている様です!

f:id:ojiQ:20190521001456p:image

アルミテープですので、ある程度の耐熱性があり、ご自身のGN125のマフラーにもオリジナルアルミステッカーを貼っておられました!

色々な図柄のステッカーを販売しておりましたが、オリジナルもその場で作成してくれるとの事でした。

なので、このブログのサブタイトルと言いますかカッコつけた方のタイトル「Middle Age Holidays」を作って貰う事に。

文字数がまあまあなので、少し時間が欲しいとの事でしたので、他の店舗を見て回って来ます!とお金を払おうとしたら、金額は出来栄え次第なので。との事。

最大1000円と看板が出てたので、最悪でも1000円で済むし。

一時間くらいして、また戻ってみると完成しておりました!

f:id:ojiQ:20190522223127j:image

カッチョいいじゃないですか!

時間も手間もかかっている様なので500円くらいかなぁと思い、

「おいくらですか?」

と、聞くと、お手伝いに来ていたお嬢さんが

「200円です!」

と、笑顔でご対応!

「えっ?二枚もあるし、こんなカッチョイイのに?」

と聞くと、店主のお父さんも

「200円です!」

と満面の笑み。

出店料もかかるでしょうが商売っ気があまり無さそうな店主でした!

きっとお小遣い稼ぎが目的ではなく、こういうの創るのが好きな人なんだろうなぁ。

器用に作ってくれてます!

こんなの作って欲しい人に配って(出店料や原価なども考えると、ほとんど利益無しで「配る」程度ではないでしょか?)楽しく過ごす、こんな「おじさんの休日」も羨ましいですね!

店主の方が「おじさん」では無かった場合は陳謝いたします!

その他にも、木工細工が趣味で色々作ってます的な店舗のお皿を買いました!

f:id:ojiQ:20190522223216j:image

平べったいのでかさばらす、キャンプツーリングなどにはもってこいです。

価格は500円でした!

また、様々なブースがあり、こんな個性的な商品も!

f:id:ojiQ:20190520172154j:image

本物の熊で出来ているみたいです。

見て回るだけでも楽しかったです!

自衛隊や消防署などの出店も!

読売カーニバルではフリーマーケット以外にも、屋台の出店の他、自衛隊や消防署などの出展もありました。

f:id:ojiQ:20190520172031j:image

航空自衛隊でしょうか。

出展はこちらの高機動車とその他もう一台でした。

f:id:ojiQ:20190520172307j:image

なかなか間近で見る機会もないので、パシャパシャと写真を撮ります。

f:id:ojiQ:20190520172400j:image

足回りもゴツいですね!

f:id:ojiQ:20190520172431j:image

四駆が欲しい今日この頃…。

ジムニーとかカッチョイイと思っております!

そして消防車も

f:id:ojiQ:20190520172626j:image

ダイミックですねー!

こんな感じで地域交流的な催し物などもあり、フリーマーケット以外にも色々と楽しめるイベントとなっておりました。

なんか、お皿を買った時に、木工細工とかにちょっと興味を持ってしまいました。

キャンプ用の皿とかカッティングボードとか作ったり。

そんなフツフツと新たな趣味が始まる予感がする、おじさんの休日でしたとさ!

サイバトロンのバックパック!キャンプツーリングのパッキングについて!

おじQです!

今回のおじさんの休日日記はソロキャンプツーリングのパッキングについてです!

おじQのキャンツーデビュー当初の予定はバックパックのみで行くキャンプツーリングを予定しておりました。

YouTubeで「UNROOF」という方の動画をよく見るのですが、W650でバックパックのみのミニマムキャンプで、バイクもキャンプスタイルも非常にカッコイイのです。(勝手にリンク張っていいかわからないので検索してみてください!)

なので、おじQも渋めのミリタリー調バックパックを用意しました!

それはコチラの「サイバトロン バックパック 3Day」

f:id:ojiQ:20190612005446j:image
商品の詳細についてはコチラをご覧ください。

amazonで詳細を見る

 

しかし!

おじQは初心者中の初心者のうえ、小心者!

「念のため」にとアレもコレも持っていくようなキャンプスタイルとなってしまいました!

そこで追加したのが、ノースフェイスのBCダッフルS

amazonで詳細を見る

どちらもサイズ感は似たようなところです。

f:id:ojiQ:20190512020813j:plain

しかし、サイバトロンのバックパックを背負った状態がコレ

f:id:ojiQ:20190512001332j:plain

サイバトロンとノースフェイスのBCダッフルの両方は厳しいです。

なので、いっそのことキャリアをつけてホムセン箱を積載してしまえ!

となり、結果的にはホムセン箱が積載可能な現在、積載には全く問題ありません!

ojiq.hatenadiary.jp

そして、基本スタイルは「ノースフェイスBCダッフル」+「ホムセン箱」となっております。

そこで、将来的には荷物も減らして「バックパックのみのミニマムキャンプ」に近づく事が可能かどうかを考察するとともに、「サイバトロン バックパック 3Day」のパッキング能力を見直してみました!

サイバトロン バックパック 3Dayのパッキング能力を考察!

とりあえず、大きなものを入れてみます。

f:id:ojiQ:20190430174319j:plain

左側が「DODライダーズワンポールテント」で、右側が「DODバックインベッド」というコットです。

※テントサイズが50㎝×14Φです。amazonで詳細を見る

※コットが51㎝×13㎝×16㎝です。amazonで詳細を見る

メインスペースにはこの二つがちょうど収まります。

コットを入れなければ、もっと効率よくパッキングできるのですが、おじQの基本スタイルはコットなので…。

サーマレストのみとかに変更も考えてみてはおりますが…。

むしろ、コット+サーマレストの可能性が高いくらいです…。

まだまだ「ゆるゆるキャンプ」です!

まだ隙間が残っているので、柔軟性のあるものを詰め込んでいきます。

f:id:ojiQ:20190430174401j:plain

 「念のため」のユニクロのウルトラライトダウンです。

枕にもなりますので持っていきます。

まだいけるのでTシャツ二枚とタオル二枚、靴下や下着などの入った着替え類も詰め込みます。

f:id:ojiQ:20190430174441j:plain

それでもまだまだイケますが、あとは細々したものを入れていきます。

メインスペースはある程度埋まったので、上段のスペースに入れていきます。

f:id:ojiQ:20190512003832j:plain

このスペースには、ロゴスのピラミッドグリルMと、燃料タンクを入れます。

その他、まな板やナイフなども底面に収まっています。

それでもちょっとしたスペースは空いておりますので、ここも残った細々としたものを入れていきます。

ちなみにグリルは「ピコグリル」が欲しいと思っております…。

そして、ある程度収納して横から見た感じがコチラ

f:id:ojiQ:20190512010923j:plain

メインスペースは52×30×16その上段のサブスペースは40×30×8くらいです。(メジャーで測ったので正確ではありません)

この状態は増設バック等を全て外しております。

そして、増設部分はコチラ

f:id:ojiQ:20190430175231j:plain
f:id:ojiQ:20190430175349j:plain

左は別売りの水筒が入るやつ。さらに小さなポケットにはALOCSのアルコールストーブが入ります。

amazonで詳細を見る

これはJETEDC(ジェットイデイシイ)というメーカーの物ですが、サイバトロンともバッチリ合います!

写真右側は買った時についていた増設バックで、トランギアミニのセットが余裕で収まりますので、マグカップも入れてしまいます。(購入時はコレが両サイドについてます)

トランギアミニの中にはトランギアのアルコールストーブが収まっておりますので左側の水筒のポケットと合わせてツーバーナーに。

お湯を沸かしながら調理なども可能です。

そしてもう一つ余った増設はメスティンやらフォークやらなんやらと。

全部でこの三つを増設します!

f:id:ojiQ:20190512010243j:plain

さらに取り外し可能なポーチも残っております!

f:id:ojiQ:20190512011659j:plain

ここにはコールマンのホットサンドイッチクッカーなどを入れてもまだ余裕があります。これは特にもってい行かなくても良いかと思いますが、大きさの参考までに。

このポーチも二段式になっているのでメインスペース以外にも、まあまあな大きさの物は入ります。

更に両サイドに小さなポケット付きなので、分類しておく小物などの収納に便利です。

そんな感じでまだ余裕はありますが、パッキングして増設もフル装備にした感じがこんな感じです!

f:id:ojiQ:20190512010155j:plain

寝袋は入らないので外付けにします。

寝袋をシートに載せるようにしてバックパックを載せれば、背負った感じも軽くなるし!

サイバトロンのバックパックのみでキャンプツーリングは可能か?

サイバトロンのバックパックに収納した物以外にも必要なものは沢山あります。

ランタンも入ってないですし。

ただ、冒頭でお伝えした通り、「ホムセン箱」積載可能です!

今回のパッキング後のホムセン箱の中身はコチラ

f:id:ojiQ:20190512013317j:plain

がら空きですね!

なので、カメラ入れたり余計な物も積載可能ですし、このホムセン箱は二段積み可能です。

f:id:ojiQ:20190512013707j:plain

その結果、サイバトロン+ホムセン箱は全く問題無いワケですが、問題はホムセン箱ナシならどうかです。

今回のパッキングから外せるのはコットくらいです。

が、コットがなければメインスペースの半分が空くので、結構なものが入るはずです。

なので、「サイバトロン バックパック 3Day」でのバックパックのみのミニマムキャンプは可能だと思います。

ただ、もっとキャンプに慣れて少ないギアで効率的にできるようになってから、やってみたいと思います。

少ないギアで行きますので、多少のブッシュクラフトも取り入れつつ、ハンモックでタープ泊とか。(今はまだスキル不足ですが!)

コーヒーツーリングやデイキャンプなら全く問題ないですね!

ojiq.hatenadiary.jp

サイバトロンのバックパックでコーヒーツーリングに行った記事です。

まあ、とりあえずは見た目の雰囲気もかなりイイので、サイバトロンのバックパックも今後は取り入れていきたいと思います。

ちなみに、ノースフェイスのBCダッフルもかなりお気に入りなので、こちらもそのうちレビューしてみたい思います!

posted with カエレバ

カーエアコンフィルター交換!ダイハツ タント LA600系の簡単メンテナンス!

おじQです!

今回は車の簡単メンテナンス!

私のような素人でもできる「カーエアコンフィルター交換」をやってみようと思います!

エアコンフィルターの交換目安は年に一回又は10,000㎞らしいのですが…。

現在おじQのタントは約55,000㎞。

一度も交換しておりません!

取り外したタントのエアコンのフィルターがコチラ

f:id:ojiQ:20190505164628j:plain

(左が外したもので、右が新品です。)

ダイハツさん家のタントくん。

よく頑張ってくれました!

ズボラなオーナーで申し訳ない…。

と、言う事で、今年は暑くなる前にエアコンフィルター交換を実施することに決めました!

早速エアコンフィルターをお取り寄せ!

フィルター選びは何でも良いと思います。

間違い無いのはメーカー純正でしょう。

ただ、エアコンのフィルターですので、そんなに神経質にならなくても良いと思います。

なので、安いもので選びました。

安いなかでも無名のメーカーより知っているメーカーのが信頼がある!

という事で、こちらの「デンソー クリーンエアフィルター」に決めました!

f:id:ojiQ:20190430182141j:plain

他にも安いものは沢山ありましたが、電装系純正部品で名の知れたデンソーが安かったので、これに決めました!

一応このような効果があるそうです。f:id:ojiQ:20190503223628j:plain

DENSOカーエアコンフィルター」交換作業開始!

まず最初に、助手側にあるグローブボックスを外します。

f:id:ojiQ:20190505164842j:plain

他の車もほとんどがグローブボックスの奥にエアコンフィルターがあると思いますが、この写真はダイハツタント(LA600系)になります。

グローブボックスの外し方は簡単。

グローブボックスの両端に爪で引っかかっているので、それを外すだけ。

f:id:ojiQ:20190505164838j:plain

気持ち内側に「しならせれば」外れます。

 グローブボックスを外すとこのよう物が見えてきます。

f:id:ojiQ:20190505174012j:plain

黒いプラスチックの横長のやつが「カーエアコンフィルター」のカバーです。

左側の爪で引っかかっているだけなので、簡単に外れます。

カバーを外すとこのようなものが出てきます。

f:id:ojiQ:20190505164834j:plain

スポンジになっている「アオ↑UP」と書かれたものがフィルター本体です。

これを引き抜いて新しいものと交換します。

デンソーのエアコンフィルターも「↑UP」と書かれているので、指示通りに差し込みます。

f:id:ojiQ:20190505164750j:plain

 このまま押し込んで、装着完了!

f:id:ojiQ:20190505164740j:plain

洗車するより簡単です!

これをメンテナンスといってよいものか…。

いや、れっきとしたメンテナンスです!! 

カーエアコンフィルター交換が必要な理由

毎日同じ車に乗っていると、車内の匂いに鈍感になってしまいます。

乗った瞬間は「ちょっと臭いかな?」と思う程度でも、初めてその車に乗る「第三者」は「この車エアコンくっさ!!」と思っているかもしれません。

タバコを吸う人はタバコの匂いに鈍感で、吸わない人は敏感になるといった事と同じです。

匂いの元はシートなどに染み付いてしまった室内自体の匂いもあるかもしれませんが、それは、換気することで一応は対策できますね。

しかし、外の空気を取り入れて室内に送り込むエアコンは、常に「フィルター」を通して車内に送り込まれます。

こんな汚い「エアコンフィルター」を通って密室に送られてくるのです!

f:id:ojiQ:20190503223430j:plain

よーく見ると虫の死骸も挟まってます…。

奥にはもっと埃やゴミが堆積しておりました!!

エアコンを使うときって密室になりますよね。

このゴミまみれのフィルターを通って出た空気を、常に密室で吸っていたのです!

むしろ、フィルター無しのがクリーンな空気なのでは?ってくらいです。(フィルター無しだと排気ガスまみれになりますが!)

また、目詰まり状態のフィルターですので、風量も格段に落ちてしまいます。

これも少しずつ弱っていくので、毎日乗っている自分では、気づきにくいかもしれません。

何となく「匂う」とか「風量弱いかな」となったら、もう交換時期ですね。

交換して一番効果を実感できるのが風量UPです!

自分でできる「カーエアコンフィルター交換」

とにかく簡単なので、お店で頼んでもそんなにはかからないと思います。

しかし、メンテナンスは「自分でやってみる」という姿勢こそ大事だと思います。

ただ、私のような素人が何でも自分で手を出してしまうと、故障の原因につながります。

なので、故障の原因になる事とはほぼ皆無な「カーエアコンフィルター交換」は素人メンテナンスにはうってつけだと思います!

価格も数千円レベルですし、「自分でできる事くらいはやってみようかな?」とお考えの方には、こんなメンテナンスもオススメです!

 

posted with カエレバ

※車両適合表をご確認下さい!

 

奥武蔵グリーンライン!林道(舗装)で鎌北湖~定峰峠までツーリング!

おじQです!

今回は、埼玉県にある「奥武蔵グリーンライン」という舗装林道で、鎌北湖から定峰峠までの全区間をKawasaki W400でツーリングしてきました!

f:id:ojiQ:20190428214450p:plain

全工程30.1Kmで1時間5分(GoogleMap調べ)のちょっとしたコースです。

なぜ、林道なのか?

それは、スピードを出さなくも、ちょっとしたワインディング気分が楽しめるから!

f:id:ojiQ:20190429233900j:plain

いつでも止まれるスピードのスラロームレベルです!

そして、ほとんど車が走ってないので、自然の中を気持ち良く走れます!

f:id:ojiQ:20190429235455j:plain

ただ、ハイカーやマラソンしている人の他、ロードバイクも多いので、いつでも止まれる程度のスピードで走りましょう!

奥武蔵グリーンライン林道ツーリングスタート!

ここがスタート地点の鎌北湖。

f:id:ojiQ:20190428215551j:plain

ホントはここで、朝ご飯を作ろうと思ってホムセン箱積載で来たのですが、釣り人が多い上に、とても静かな湖畔。

とてもウインナー焼いたり目玉焼き作ったりは気が引ける。

こんな感じで「湖畔で朝食」するつもりでしたが…。

ojiq.hatenadiary.jp

 と、いう事で本日は予定変更!

自作の台座に載せたホムセン箱が、ワインディングに耐えられるかのテストを兼ねて林道ツーリング!

テストされるホムセン箱の積載については、こんな感じの仕様になってます!

ojiq.hatenadiary.jp

奥武蔵グリーンライン林道ツーリング!スタート!

一度は湖畔の少し開けたところにバイクを止めましたが、エンジンを消した途端、異様な静寂が…。

皆さん釣りに集中しておりました。

ちょっと聞き耳を立ててみると「この辺にキャンプ場があるんだよ」と仲間同士で話してる声が。

ここでキャンプまがいのことをしようとしておりますが…。

という事で、朝食を諦め再びエンジン始動!

釣人の皆さん、お騒がせしました!

最初の分かれ道が「奥武蔵グリーンライン」の入り口。

f:id:ojiQ:20190428220311j:plain

細道を直進(左斜め)で奥武蔵グリーンライン

気持ちのいいい朝日が木々の間から差し込む中、峠道を登ります。

f:id:ojiQ:20190428222056j:plain

 路面の凹凸も多少はありますが、W400で問題なく走れます!

f:id:ojiQ:20190428221614j:plain

しばらくすると越生方面から来る県道61号線と接続するT字路。

f:id:ojiQ:20190428223214j:plain

右に曲がると奥武蔵グリーンラインから外れ、県道61号で越生方面に。

越生方面に右折するとこんな観光案内があります。

f:id:ojiQ:20190428225004j:plain

奥武蔵グリーンラインは右折せずに来た道を直進で、ここからは越生方面から接続した県道61号とダブルルートになります。

しばらく登っていくと、だんだん山の景色も楽しめます。

f:id:ojiQ:20190429233654j:plain

そして少し先に進むと分岐点が。

f:id:ojiQ:20190428231442j:plain

ここで県道61号から外れ右折します。

左折して国道299号線方面が61号線で、顔振峠方面が「奥武蔵グリーンライン」となります。

ここの右折はほとんどUターンするような形です!

前を走っていた車がこのタイミングで先に行かせてくれたんですが、若干の勾配でUターンしながらの運転手さんに「ありがとう」のご挨拶。

危うく、立ちゴケしそうなアクセルワークに!汗

鎌北湖からこの辺りまでの案内表示板では「顔振峠」方面を目安にすると分かり易いです。

「かあぶり峠」と読むそうです。

顔振峠からこんにちは!

先程の分岐点からしばらく登っていくと、カフェが何軒か出現します。

そう、そこはもう顔振峠周辺になります。

そして、思わずバイクを止めてしまう景色!

f:id:ojiQ:20190428232033j:plain

富士山がお目見えしております!

なんか、感動しました。

肉眼だともっとハッキリと見えたのですが、カメラの腕が悪いので…。

愛車も一緒に!

f:id:ojiQ:20190429014838j:plain

といったところで、止まったついでに一服します。

そして、再び出発。

この先は案内表示板の「県民の森」方面に進んでいけば分かりやすいです。

特に複雑な分岐などはありません。

先に進みますが、顔振峠で観光気分が増したのか、ちょいちょい止まってパチリ。

f:id:ojiQ:20190429015254j:image

この辺りは「〇〇峠」という所がいくつかあります。

ここは「金杉峠」。
f:id:ojiQ:20190429015244j:image

奥武蔵グリーンライン」は登山やハイキングコースにもなっているようです。

今度はハイキングでもしてみようかな?

この入り口の先にある「女滝」「男滝」「天狗滝」などが有名みたいです。

そして「奥武蔵グリーンライン」に沿ったハイキングコースの案内板。

f:id:ojiQ:20190429015248p:image

西武線吾野駅から白石峠の先のバス停までが「関東ふれあいの道」というハイキングコースになっていて、全工程で22Km、所要時間は8時間10分だそうです。

www.pref.saitama.lg.jp

一部は今回の「奥武蔵グリーンライン」を含んだコースみたいです。

足腰鍛え直して一度チャレンジしてみようかな…。

奥武蔵グリーンラインの頂上地点

少しは走っては止まってパチリ。

f:id:ojiQ:20190429015400j:image

森林とKawasaki W400は合いますね!
f:id:ojiQ:20190429015404j:image

この辺は関東八州見晴台の入り口が何か所かありましたが、今回はスルー。

そしてしばらく行くと、開けた感じになり、そこは…

「刈場坂峠」!

f:id:ojiQ:20190429020530j:image

多分奥武蔵グリーンラインでは最高標高地点だと思います。

ちなみにロードバイクは関係ない人のです!

「自転車どかしましょうか?」

といわれましたが

「雰囲気出るのでそのままでいいですよ!」と、パチリ。

ホントはこの看板の前にバイクを止めたかったのですが、結構人もいたので今回は他人のロードバイクで…。

景色はベストポジションを確保!
f:id:ojiQ:20190429020353j:image

いや〜。

なんか山って癒されますね〜!

f:id:ojiQ:20190429020526j:image

ここは、今までとは雰囲気が変わります。

何故なら国道299号の正丸トンネル手前から虚空蔵峠を抜けてくる道と接続しているため、バイクや車も結構増えてきます。

なので、この広場にはちょっとしたケータリングが。

コーヒーとドーナツを頂きながら景色を眺めます。

f:id:ojiQ:20190429021346j:image

ここは公共のトイレもございます。

定峰峠までのダウンヒル

しばしの一服も完了し、再出発。

目安にしていた「県民の森」への分岐点があります。

直進すると「県民の森」に行ってしまいます!

道なりというか、右折というか…。

看板ですぐに分かります!

この辺からは下りになります。

道幅も広くなったり、狭くなったり。

タイトなコーナーが続きます!

f:id:ojiQ:20190430000143j:plain

カマボコ(道路に凹凸をつけてスピードを出せないようにするやつ)もあったりで、結構走り屋のスポットなのかな〜とか思いつつ。

あっと言う間に定峰峠に到着!

峠の茶屋にはバイク乗り達が集まっておりました。

f:id:ojiQ:20190430014516j:plain

ここで肉うどんをいただく予定でしたので、早速店内へ。

店内に入ると、どうやらここは某走り屋系マンガ「イニシャルD」の聖地的なところのようで、お店が画中に出てきたシーンの切り抜きなども飾ってありました。

おじQはそのマンガはあまり知りませんが、「バリバリ伝説」は中高生の頃読んでました!

肉うどんを美味しく頂き、とりあえずステッカー買ってみました。

f:id:ojiQ:20190430000255j:plain

どこに貼ろうか…。

そんなこんなで、おじQ渾身のホムセン箱も特に問題無く奥武蔵グリーンラインを乗り切りました!

このまま「奥武蔵グリーンライン」の終点(起点?)に接続する県道11号で、東秩父村を抜け、東松山インター目指します。

f:id:ojiQ:20190430014452j:plain

最後のこの道も、自然に囲まれた景色のいいところで、とても気持ちよく走りやすい道でした!

f:id:ojiQ:20190429023234j:plain

 舗装林道ツーリングの楽しさ

朝9:00頃鎌北湖を出発し、ちょこちょこ止まって遊びながらでも定峰峠に11:00頃到着。

とても走りやすいし、木々からマイナスイオン出まくり(ただのスギ花粉?)のこのルート。

走っててホントに気持ちが良いです。

リッタークラスは大変かもですが、「ゆっくり自然の中を走り抜けたい!」と、言う人オススメです!

もちろん、秩父方面へもアクセス可能です!

ただし、本当の「林道」はオフ車でないと厳しいので、一応舗装されている道を探す必要があります。

地図に載っている道は、ほとんど大丈夫だとは思いますが…。

そんなワケで、また面白そうなW400でも行ける舗装林道を探してみたいと思います!